【アドラー心理学】マンガで分かる心療内科・精神科in池袋 第3回「劣等感は、あっていい!」

マンガで分かる心療内科・精神科in池袋

「アドラー心理学編」

アドラー心理学 第1回から読みたい方はこちら。「トラウマなんて存在しない!」

第3回「劣等感は、あっていい!」

制 作…「マンガで分かる心療内科・精神科 アドラー心理学編 制作委員会」

作画監督…ソウ  脚本・演出・「髪の毛が少なくても気にするな」的なことを書きつつアドラー先生はフサフサ化…Y


◆ 解説

というわけで、いかがでしたでしょうか。

今回の話をまとめますと

・「劣等感」はエネルギーになる! あっていい!

・しかし「劣等感」から目をそらすと「劣等コンプレックス」になる!

・具体的には「攻撃」「優越コンプレックス」「不幸のアピール」の三つ!

・劣等感を解決するためには、その不完全な自分を認め、行動することだけ!

ということになります。

実際、テレビを見ていると分かりますが、司会をするような大物タレントは、決して自鰻しません。
ゲストの話を聞いては「えー! すごいねー!」「おおー! カッコいいー!」など、本気で絶賛しています。

成功しているからこそ、決して「自鰻」をする必要がなく、他の人を立て、賞賛することができるわけです。

しかし「あのころに成功していた○○さん」みたいな形で出てきたタレントさんは、もう全力で自鰻しはじめます。

「あのときの俺の年収は○○!」
「あのときの私がどれだけモテたか…!」
「こんなにファンレターが届いて、こんな人気で…!」

そんな話の連続です。

それは裏返せば「今、かなり劣等コンプレックスを抱えている」ということ。

だからこそ、とにかく自慢に自鰻を繰り返そうとしているわけです。

しかしもちろん、その先には「むなしさ」しかありません。

何にせよ「不幸のアピール」や「自鰻」をせず、毎日イキイキと生きていきたいものですね。

………。

先ほどから「自慢」の「慢」という文字を「鰻(うなぎ)」にしてみましたが、気づかれましたでしょうか。
気づかない間に、鰻を食べたくなるというサブリミナル効果の実験をしてみました。

こういうところにだけムダな行動力があることが唯一の自鰻です。
切なさを抱えつつも、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

そして「ゆうメンタルクリニック池袋西口院」が、開院しています。
池袋駅」の、西口から徒歩0分の距離にあります。

現在、ゆうメンタルクリニックは「池袋東口院」もありますが、患者さんがとても多く来ていただいたため、
待ち時間をより少なく、またアクセスをさらに便利にするため、池袋西口の目の前にも開院させていただきました。

お気軽にご連絡いただければ幸いです。

同時に、「ゆう脱毛スキンクリニック(皮膚科)池袋院」も開院しておりますので、お気軽にご連絡いただければ幸いです。

そして

マンガで分かる心療内科の第11巻が、発売しています!

今回も描き下ろし満載!

ぜひぜひご覧下さいね!

また「モテるマンガ」、まもなく第二巻も発売します!

総計300万部! 既刊もよろしければ!

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。