【アドラー心理学】ドラマ「嫌われる勇気」を観て。

マンガで分かる心療内科・精神科in池袋
アドラー心理学編 オマケコラム「ドラマ嫌われる勇気」

アドラー心理学の書籍「嫌われる勇気」がドラマになりました。

内容を拝見いたしました。

女性刑事「私は誰かのために生きてるわけじゃない」
女性刑事「あなたたちは、この先生が美容にいいと言えば、フンでも顔に塗るのですか?」

など「女性刑事が人の反応を気にせず、捜査のために好き勝手振る舞う」という内容になっていて、いわゆる「ありの~ままに~♪」になってました。

これは嫌われる勇気というより「何が嫌われるか分かってない人」ではないかと…。

他人への「信頼」ほぼゼロ。

とはいえアドラーは「女性の権利を何より重んじた心理学者」とされているので、そういう意味では合ってるかもと思いました。

ここまで考えてのドラマ構成だったらスゴすぎると思いました。

(完)

第一回から読みたい方はこちら「マンガで分かるアドラー心理学第一回」

そして「マンガで分かる心療内科 ~アドラー心理学編」も発売しています!


などの「アドラー先生4コマ」など、描き下ろしも満載です!

ぜひ!

そして「ゆうメンタルクリニック池袋西口院」が、開院しています。
池袋駅」の、西口から徒歩0分の距離にあります。

現在、ゆうメンタルクリニックは「池袋東口院」もありますが、患者さんがとても多く来ていただいたため、
待ち時間をより少なく、またアクセスをさらに便利にするため、池袋西口の目の前にも開院させていただきました。

お気軽にご連絡いただければ幸いです。

同時に、「ゆうスキンクリニック(皮膚科)池袋院」も開院しておりますので、お気軽にご連絡いただければ幸いです。

総計300万部! 既刊もよろしければ!

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。