【うつ病がゲームになった!】マンガで分かる心療内科・精神科in秋葉原・岩本町 第78回「大うつ病性障害」

マンガで分かる心療内科・精神科in秋葉原・岩本町

第78回「『うつ病』がゲームで分かる!
~大うつ病性障害」

制 作…「マンガで分かる心療内科・精神科 制作委員会」

作画監督…ソウ  脚本・演出・このマンガは実在のゲームや実在のスク●ェア・エニ●クス様とは一切の関係がありません…Y


◆ 解説

というわけで、大うつ病性障害の話。
いかがでしたでしょうか。

まとめますと、

・大うつ病性障害は、一般的に考える「うつっぽさ」とはレベルが違う。
・その治療には、基本的に薬剤は必須。
・「気持ちの持ちよう」で片づけるのはやめてあげてください。

という話でした。

専門的に、そういう「うつ病」のことを「内因性うつ病」と言います。
体の中、ホルモンの問題で起こるうつ病なので「内因性」と言います。

逆に、ストレスを原因として発症することを「心因性」と言います。

ちなみにケガや事故などで脳がダメージを受けて、精神疾患になることは「外因性」と言います。

とはいえ、内因性と心因性、厳密に「こっちが要因」とハッキリ言えることは、ほとんどありません。

たとえば内因性のうつ病であっても、大きなストレスをキッカケとして症状が悪くなることもありえます。

そのためどんなうつ病であったとしても、カウンセリングなど、じっくり話を聞き、今後の対策を一緒に考えることは大切ではあります。
ただ何にせよ、重度のうつ病の場合、「お薬の治療は大切」ということはご理解しておいていただければ幸いです。

当院では、基本的に患者さんの要望に添った治療をしておりますので、
「どうしても薬はイヤ!」
という場合に、強制することは決してありません。

その場合は、糖質制限などの食事治療や、カウンセリングなどをまず提案します。

ただ1~2ヶ月たっても改善がまったくない場合は、そのときにあらためて、薬剤について提案することもあります。

何にせよ、現在は様々な治療法がありますので、一人で悩まず、お気軽にご相談いただければ幸いです。

それはそれとして、ゲームではよく「レベル」という概念がありますが、自分はなかなか人生においてレベルアップしている感がありません。

最近、「フラフープしつつギターを弾く」というスキルをマスターしたんですが、それと同時に人間レベルはダウンした気がしてます。

切なさレベルだけがMAXに達しながら、ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。

(完)

ゆうメンタルクリニック秋葉原院が、開院しています!
お気軽にご連絡くださいね。

そして

マンガで分かる心療内科の第11巻が、発売しています!

今回も描き下ろし満載!

ぜひぜひご覧下さいね!

また「モテるマンガ」、第一巻の単行本も発売です!

・モテるための服装とは!?
・最初のデートは1時間まで!?
・道を聞けば必ずモテる!?
・モテるための最大の心得とは!?

などなど、サイトに掲載されている、数倍の描き下ろしがありますので、ぜひ!

総計240万部! 既刊もよろしければ!

「マンガで分かる心療内科」、WEB版のバックナンバーはこちらです。↓

ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。